家探し

旗竿地のメリットとデメリット。希望エリアで売り出されたら買う?

【希望エリアで整形地で南向きで・・・】

 

そんな理想通りの土地や物件に出会える人って一体どれくらいいるのでしょうか?

人気エリアは土地が高いし、希望エリアは売りに出ないし、、、

来る日も来る日も不動産情報を眺めていても更新無し。

 

ある日【今日もどうせ新しい物件なんて無いだろう】なんて思いながら不動産情報を見ると

 

【更新されている!しかも広い!そして安い!】

 

詳細情報を開いてみてみると、その物件は旗竿地でした。

 

旗竿地って日当たり悪そう。。。

 

そんなイメージをお持ちの方も多いと思います。

今日はそんな旗竿地に住むと言う事のメリットとデメリットについて解説してきます。

土地も戸建てもマンションも!見つからない時あなたに試してほしい事家探しって皆さんどれくらいの期間を掛けているかご存知ですか? 大体2~3年だそうです。 事実私も買おうって決めてから...

旗竿地とは?

この記事を読んでいる時点で旗竿地についてはご存知の方がほとんどだと思いますが、説明させていただきます。

 

旗竿地と言うのは名前の通りで

こんな形状の土地になります。

旗竿地なるものが存在している理由としては、この時代背景が関係しています。

昔は1世帯当たりの敷地も広く土地の価格も安かったのですが、時代の流れとともに街は発展し、土地の価格が高くなったことで、広い敷地の土地はそのままでは売れなくなってしまいます。

その為、大きな1区画をいくつかの区画に分ける事で、売りやすくしているのです。

その時に単純に半分にすると縦長の敷地になってしまう事も多いため、この旗竿地は生まれます。

しかし、地価が高いのはあくまで利便性が高い所に限定された話なので、田舎には旗竿地はほとんどありません。

 

メリット

旗竿地のメリットはコチラです。

ここが魅力的

✅価格が安い

✅子供が玄関から飛び出しても車の心配がない

✅静か

✅エントランスまでのアプローチを楽しめる

✅大きな家が建てられる

では一つずつ見ていきましょう。

 

価格が安い

 

旗竿地はその特殊な形状から様々なデメリットもあります(詳細は後述)

それ故、価格が安い傾向にあります。

それこそ整形地よりも敷地面積自体は広いのに整形地よりも安くなります。

 

子供が玄関から飛び出しても車の心配がない

子供は外に出たい一心で玄関から外に飛び出すことが良くあります。

玄関の目の前が車通りの多い道の場合には最悪車にはねられてしまう可能性だってあります。

それだけ子供の行動は予想出来ないものです。

旗竿地の場合、飛び出しても車が通る道路までは距離があります。

自分の敷地のアプローチ部分に飛び出したところで何かにぶつかる可能性は0です。

子供が小さいうちだけと思うかもしれませんが大人だって何があるかは分かりませんからね。

 

静か

通りに面していない分、通りから出る騒音は家に届くまでに多少小さくなります。

意外と寝静まっている時間では通りから聞こえる話声でさえも気になったりするものです。

その為、静かに寝たい方には向いているかも知れません。

 

エントランスまでのアプローチを楽しめる

通りか玄関までのアプローチまでも当然自分の敷地ですし、好きなように施工できます。

※癒樹工房 Garden Channelより引用

 

このようにエントランスまでのアプローチをする事で住んでいる人間はもちろんの事、お客様にも素敵だと思ってもらえたら嬉しいですよね。

 

大きな家が建てられる

家を建てる時には地域によって定められた建ぺい率と言うものを守らなくてはなりません。

例えばその建ぺい率が60%だった場合、80㎡の敷地には上から見た時に48㎡の建物しか建てられません。

※二階分の広さなどは容積率に依存します。

 

それが旗竿地になると通路部分もアプローチ部分も含めた敷地面積の建ぺい率計算になるので広い家が建てられることになります。

つまり、アプローチ込みで120㎡の敷地であれば上から見た時、実に72㎡の建物が建てられると言う事です。

これはポイントとしては非常に大きいのではないでしょうか。

 

デメリット

メリットばかりではなくもちろんデメリットもあります。

ここが心配

✅日当たりや風通しが悪い

✅建築費が高い

✅車が止めにくい

✅出入りがしづらい

✅防犯面が気になる

 

これらも1つずつ見ていきましょう。

そして対策できる事は書いていきます。

 

日当たりや風通しが悪い

旗竿地は住宅街にあり、四方が住宅に囲まれているケースがほとんどで、家の中が暗くなりがちです。

その為、旗竿地に家を建てる場合には二階リビングを採用する事が多いです。

これにより、リビングに光や風を取り込むことが出来る為まさに理にかなった間取りです。

一方で寝室になる一階は昼間でも暗くなります。

寝室=寝るだけの部屋と割り切っているのであればほとんど問題はありません。

 

二階リビングのメリットとデメリット。実際に住んでる私が実情を解説

※外部リンクです

 

また、旗竿地でも下記のような区画割になっている場合には日当たりの悪さは皆無なのでむしろメリットが多いでしょう。

 

建築費が高い

旗竿地で住宅が建てられるようにする為には公道に2m以上面していなければならないと言うルールがあります。

※これが出来ていないとそもそも家を建てることが出来ません。

 

しかし2mでは建築現場で使うような重機が侵入できない為その分、人件費がかさみます。

※もちろん旗竿部分が3mくらいあれば話は別ですが

 

また、水道などのインフラが整っていない場合には敷くまでの距離が長くなればなるほど高額になってしまいます。

そして四方が家に囲まれていると火事などの被害を最小限に抑える為に建築部材なども一定以上の規格の物にしなければならないなどの決まりが出てきてしまう事もある為、決して安くは済まない事が多いです。

 

しかし良くも悪くも外観はあまり見えないので外観のこだわりを少なくし、その分内装やエクステリアにお金を投資するなど、総じてバランスを取ることは可能です。

 

そして狙い目は何区画かを同時に分譲している場合は旗竿地から売れる事が多い(安いため)ので、その場合には旗竿地から建築が始まれば建築費の心配も少なくなります。

 

車が止めにくい

一般的な車幅は1m70cmほどです。

2mと言う間口では駐車スキルが高くなければ最初は苦戦するかもしれません。

そして2台以上所持している場合にはどうしても縦列駐車になってしまうので出し入れも大変です。

車を持つ予定が将来的にも無い方は旗竿地のデメリットの大部分を無にすることが出来ます。

 

出入りがしづらい

旗竿部分に車を駐車している場合には人の出入りが難しくなってしまいます。

もしその旗竿部分が2mちょうどしか無い場合には車が止まっている状態で自転車を入れることは出来ません。

自転車の幅は60cm以下と定められているので仮に60cmと仮定したとしても車+自転車で最低でも2m30cmほどの幅が必要になる事が分かります。

 

その為、旗竿地を選ぶ時には旗竿部分の幅を確認するようにしましょう。

間口が2m50cmあったとしても玄関の方に向かって更に狭くなる特殊なパターンもありますのでしっかりと確認するようにしましょう。

 

防犯面が気になる

人目に付かないと言う事は泥棒からすれば旗竿地は恰好の獲物です。

通路に車でも止まっていれば外部からの視線は皆無なのでしっかりとしたセキュリティを整える必要があります。

セコムなどのホームセキュリティもそうですが、自身の防犯意識を高める必要もありますし、戸締りや建具も防犯性能に高いものを選ぶ必要もあるかも知れません。

特に腰高窓や掃き出し窓は狙われやすいので注意。

 

まとめ

上記でも軽く触れましたが、大型分譲のなどでは旗竿地は早く売れる傾向にあるようです。

やはり安いと言うメリットは何にも代えられませんし、大きな家を建てられると言うのはこの記事で初めて知った方も多いのではないでしょうか。

一長一短ありますが、そもそも完璧な物件に出会えるかどうかは結局の所、運の要素が強いですからね。

終わってみて【あぁ、買っておけばよかった・・・】なんて後悔している人を私は何人も知っています。

そうならない為にも妥協点も必要ですし、本当に優先するべき点はどこなのか一度洗い出してみるといいかも知れませんね。


住む場所が決まってコレから物件を探す方も、すでに探しているけど希望の物件が全然見つからないと言う方もいると思います。


実は流通していない物件は全体の6割以上もあるそうです。


と言うのも不動産屋は広告に載せなくても売れるような物件をわざわざ広告費を払って掲載をせずに、自分の担当のお客様にしか教えていません。

それと意外な事に売ろうとしている事を近所の方にバレたくない売主もいるそうなので広告に掲載できないケースもあるんだとか。

その為、小さな不動産屋でも独占している物件があったりするので紹介してくれる不動産屋を増やせば希望の物件に出会える可能性は当然上がります。

ですが購入希望地の不動産屋を一軒ずつ回って依頼するのは膨大な時間と労力を要しますよね。


そんな時はコチラのサイトで全国の希望の物件を土地や戸建て、マンションでも複数の不動産屋に一括依頼できます。


このtown lifeは何が良いって

①無料

登録から一括依頼まですべて無料です。
仲介料として不動産屋から収入を得て運営が成り立っているのでコあなたに何か請求される心配はありません。


②1分で登録で出来る

こういうのって大抵入力に莫大な時間を要することが多いのですが簡単にできるのも大きな魅力です。
腰を据えて【さぁやるぞ!】ってならなくてもベッドの中や通勤時間で出来てしまうのが良いですよね。


③非公開物件情報を得られる

登録している不動産屋は何と300社以上。
つまり300社の不動産屋の【担当しているお客様】になれる訳です。


④請求方法を選べる

電話、メール、郵便。
人と話したくないって方もメールでのやり取りなら煩わしい思いをしなくて済みます。
※ただしその場合は自由記入欄にその旨をお書きください。


➄安心のクオリティ

☑利用満足度

☑使いやすさ

☑薦めたいサイト

全てで堂々のNo.1の三冠です。

これは実際に使った人による感想なので中途半端なサイトじゃこんな名誉ある順位にはなれないですよね。



安心と信頼が、あなたの希望物件を見つけてくれるかもしれません。

物件はそう簡単に見つかるものでは無いので知らなかった良い物件を知れるメリットに比べたら入力するだけの手間など大した事ではありません。

少しの手間を惜しむ事で最高の物件を見逃してしまったら嫌ですよね。

選択肢は多いほうが良いです。

あなたの素敵なお家が見つかりますように。

タウンライフで不動産探し